スポンサーリンク

明るい色と暗い色がつくる違和感

 

今回は、色のお話です。

 

色のバランスによって、「安定していて気持ちがいい」や「なんとなく安心できない、安定しない」といった人の気持ちをつくりだす方法です。

 

 

 

まずは、この図をご覧ください。

f:id:design_no_kagakusiki:20190522223947j:image

AとBではどちらが安定して気持ちがよく感じますか?

 

ほかには…

f:id:design_no_kagakusiki:20190522224006j:image

※一度にAとBを見ずに、片方を隠してもう片方を見てみるとよりわかるかもしれません。

 

(2つめの画像はじっとみていると、なんだかお団子が食べたくなってきてしまいました)

 

 

感じ方は人によって異なることもあるので、中にはそうでない方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

一般的にいわれているものを答えとしてお伝えすると

 

 

 

答えは、Aです。

 

Aの方が安定してみえる人が多いです。

 

黒い枠のない2つめの画像の方がより、安定と不安について感じられます。

 

 

 

これは、色の軽重の効果によるものです。

 

 

 

人は、明るい(明度が高い)色を軽いと感じ、反対に暗い(明度が低い)色を重いと感じやすいです。

 

 

 

そして、カラーデザインでは、2色を配置するとき、下に暗い色を上に明るい色を配置すると、安定感をつくりだすことができます。

 

 

 

その反対に、下に明るい色をおき、上に暗い色をおくと不安定な印象をつくりだします。

 

 

 

なんとなく、落ち着かないなっていうときは、もしかすると

下が明るくて上が暗い色の配色が近くにあるかもしれませんね。

 

 

 

安定感のあるデザインをつくることは大切です。

 

 

 

しかし、デザインはやはり売上につなげられた方がいいですよね?

 

 

 

売上につなげるためには、まず第一歩として、人にしっかり気づいてもらえなければなりません。

 

 

 

そして、人に気づいて見てもらうためには、人の中に何か、かすかでもいいので、心の動きを与える必要があります。

 

 

 

そんな時、色は味方になってくれる相棒です。

 

色で安定感をつくりだすことができるように、色を使って不安定な感じもつくりだせますよね。

 

 

人の心は、不安定さを感じると安定へ向かおうと動き出します。

 

 

 

つまり、相手に心を動かしてもらうためには、例えばわざと配色で下を明るく、上を暗くしてみるのです。

 

あえて、「アンバランス」を作って人の心に動いてもらいましょう。

 

 

また、不安定さはマイナスなイメージばかりではありませんので、ご安心を。

 

下側に明るい色を使って、上側に暗い色を使うと、不安定さを生み出すとお伝えしましたが、

 

「不安定な感じ」から動きがイメージされ、ダイナミックなイメージやスポーティな印象も与えることができるといわれます。

 

 

 

前回のお話は、「脳へ違和感を与えて気づいてもらう」という内容でしたね。

 

今回は、それに少し似た内容をお話させていただきました。

 

 

なんだか、頭と心のエクササイズみたいに思えてきますね。

 

脳や心を動かして、よい刺激になるよう働きかけていきましょう♪

 

 

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 

この記事のキーワード↓

#デザイン

#色彩

#色彩心理

#売上

 

 

 

 

 

この内容は、あくまで個人の経験によるものですので、売り上げなどすぐに効果の出る確実な方法などとは捉えないよう、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

抹本

 

抹本について
この記事をかいた人
designkagaku

プロフィール

□■□ 名前 : 抹本 港 □■□

同じものでもデザインを着せればお客さんの反応が変わる!
無駄になるようなデッドストックも表現の方法を変えて欲しいという人をつくる!
そんなプロジェクトのために勉強&実践している現役デザイナーです。

▼経歴などの詳しいプロフィール上の「designkagaku」を押してください。
プロフールのページへ移動します。(下記のページへ移動します)
https://design-kagakusiki.com/profile/hajimeni/

個人的には、お土産のパッケージや雑貨屋さんの封筒・カードデザインとか。つい目がいって長居してしまいます…

まだまだブログには不慣れですがよろしくお願いします!

designkagakuをフォローする
心理学のテクニック 色彩テクニック
スポンサーリンク
                          \ この記事をシェアする /
designkagakuをフォローする
リアクションのために私が実践してるデザインのテクニック

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました