スポンサーリンク

「新商品」は本当に表示すべき?

脳科学のテクニック

★今回は、表示「新商品」について★

f:id:design_no_kagakusiki:20190714231325j:image
「新商品」や「新発売」は表示すべきでしょうか?

あなたは、新商品という表示があることの意味について考えたことがありますか?

コンビニに行くだけでも新商品と書いたPOPをよく目にすることだと思います。

ただ、それがあることでどのような意味があるのかをご存知でしょうか?

私は少し前、改めて「新商品」という表記について考えたことがあります。

「そもそも、意味があるものなのか。

いやいや、なにか意味があるからこそ、お菓子とか飲み物とかにたくさんの商品に付けられているんだろう……」

自分の中で、こんな風に考えていました。

さて、話を戻しますね。

商品を発売する際に「コレ、新しいですよ」とお客さんに知らせることは、新しいと伝えるほかに意味があるはずてす。

だだ、もしあまり効果的でなければ、もっと効果的なフレーズを使った方が商品の売上につなげられるはずだと思っています。

そこで今回は、商品発売で使用する「新商品」に関する脳の働きについてわかったことをお伝えさせていただきます。

想いを書いたらつい前置きが長くなってしまってしまいましたね。

長々書きつらねてあなたの貴重な時間を無駄にしてしまいかねないので、ここから少し簡潔にお伝えしますね。

〜新商品を表示させる意味〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190714231403j:image

結論からお伝えすると、やはり大きな意味がありました。

しかも、単に「新しい商品です」と伝える以上の意味です。

人の脳は「新商品」を好みます。

つまり、私たちは新しいものが好きで惹かれるということです。

実際に行われた実験で、人が新しいものを選ぶと、脳内のある部位が活発になるという結果があります。

そして、その部位は、報酬に関係のないる行動に関わるものだとされています。

私たちが新しいものの方を選ぶと、脳内では報酬を感じるような動きがなされているのではないかと考えられているようです。

言葉にすると、少し難しいですね。

もっと単純にお伝えすると、脳内の活動をみても、人は、少なからず新しいものに惹かれやすいということです。

ちなみに、商品自体が新しいということだけでなく、見た目が新しくなったもの(パッケージなど)の場合も同じだといわれています。

f:id:design_no_kagakusiki:20190714231427j:image

したがって、新商品の発売や既存の商品を刷新することは、お客さんを惹きつける効果があるといえます。

だからこそ「新しいです」と謳える場合は、それを大きくアピールすればそれだけで、お客さんの脳に好きになってもらいやすくなるのです。

新しいということにお客さんから気づいてもらえることができれば、お客さんの注意を惹きつけ、売上アップの効果が期待できるのです。

いかがでしたでしょうか?

「新商品」とアピールすることには大きな意味があるとわかりました。

新しい商品を発売するときには、目立つようにアピールしてみることをおすすめします。

〜発売と刷新で注意すること〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190714231438j:image

新商品を発売したり、刷新したり、それを分かりやすくアピールするとお客さんを惹きつけやすくなります。

ただ、ご注意いただきたいのが、あなたやあなたが手がけるデザインのお店がブランドを育てている場合です。

とくにお客さんがブランドへ深く親近感を感じているなら、新商品や刷新は慎重に。

新しいものは、お客さんを惹きつける効果を期待できます。

ただ、長い時間をかけてつくられたブランドであれば、お客さんがブランドに対する親近感や愛着は大きいものです。

知らないものをみたときより、知っているものをみたときの方が脳が活発に動くので、お客さんとしては親しみのあるブランドには安心感を抱くこともあるでしょう。

ですので、新商品や刷新を考えるときには、お客さんの愛着や親近感、安心感などを損なわないよう注意が必要です。

あなたがデザインを進めるブランドの力を維持しつつ、商品の新しさをアピールできるようなバランスについてのご検討をお忘れなく。

〜まとめ〜

・人は新しいものを好みやすく、惹かれやすい

→新しいことをアピール

・ブランドの新商品の発売や刷新は注意が必要。

→お客さんの愛着や親近感などを壊さないよう慎重に検討する。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

#パッケージデザイン

#新商品の発売

#新しいパッケージ

#新しいもの

#新発売!

#デザインで付加価値をつける

#売上を上げる

この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。

抹本

抹本について
この記事をかいた人
designkagaku

プロフィール

□■□ 名前 : 抹本 港 □■□

同じものでもデザインを着せればお客さんの反応が変わる!
無駄になるようなデッドストックも表現の方法を変えて欲しいという人をつくる!
そんなプロジェクトのために勉強&実践している現役デザイナーです。

▼経歴などの詳しいプロフィール上の「designkagaku」を押してください。
プロフールのページへ移動します。(下記のページへ移動します)
https://design-kagakusiki.com/profile/hajimeni/

個人的には、お土産のパッケージや雑貨屋さんの封筒・カードデザインとか。つい目がいって長居してしまいます…

まだまだブログには不慣れですがよろしくお願いします!

designkagakuをフォローする
脳科学のテクニック
スポンサーリンク
                          \ この記事をシェアする /
designkagakuをフォローする
リアクションのために私が実践してるデザインのテクニック

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました