【悪用禁止】伝えるべきことをしっかり意識して理解してもらう必要はない?

脳科学のテクニック

あなたが選んだその飲み物、そのお菓子、本当にあなたが意識的に選んだものですか?

f:id:design_no_kagakusiki:20190626084410j:image

★今回は、目立たずともお客さんが手にとってしまうような効果について★

結論からお伝えしたいところなのですが、今回は全体を理解していただく必要があります。

ですので、お急ぎの方もよろしければお付き合いいただけると嬉しいです。

〜人の無意識について〜

今日は、どのような飲み物を選び、どんなメニューを食べましたか?

そして、あなたが選んだものは、本当に自分で選んだ商品だと自信を持って言えますか?

f:id:design_no_kagakusiki:20190626084418j:image

その答えは、ときには意識していない段階で選択肢が狭まっているという場合もあります。

まず、はじめにこれだけお伝えさせてください。

私はこのことを知ってから、自分の選んだものが本当に自分の意思かどうか、無性に確かめたくなるときがあります。

無意識の中でのことなので、意識的にあまり抵抗ができないです。

だから、よい方向へ考えながら慎重に使っていただきたいアプローチ方法なのです。

〜意識してなくても無意識に認識できて見えているという事実〜

ある実験がありました。

映画館で映画をみているお客さんに、映画の上映中にあることをした場合、お客さんの商品購入にどれだけ影響があるかというものです。

その実験によって、お客さんの潜在意識へ刺激がなされてお客さんが実験を受けたことに気づいていないにもかかわらず、コーラ・ポップコーンの売り上げが約18%・約58%上がったというデータが示されました。

さて、あることとは、映画の最中、お客さんが認識できないくらいのスピードで広告を投影するというもの。

具体的にお伝えすると、その時の実験では映画の上映中「のどが渇いたらコーラを飲んで」「お腹がすいたらポップコーンを食べて」というようなメッセージ(広告)を数秒間隔で投影したといいます。

上映されている間、数秒間隔での投影だだったので、投影はたくさんの回数行われたようです。

しかし、その一回一回の投影時間は一瞬だったためお客さんは気づかないものでした。

ただ、これによってコーラとポップコーンの売り上げが上がったという結果がでています。

ここで注目していただいたいことは、お客さんが意識していなくても商品を選んでいるという点です。

お客さんがその広告に気づいていなかったにもかかわらず、商品を購入される割合が上がったのです。

これほど、潜在意識へ働きかけることは強力な力があります。

ただ、この実験やその結果へは賛否両論ありました。

どちらかというと、批判が多いかったかもしれません。

なぜなら、これは、お客さんをマインドコントロールしかねない方法だったからです。

ですので、潜在意識へ働きかけるデザインを作り上げる前に、まずはその恐ろしさも一緒に考えてみてください。

〜デザインでの応用〜

先ほどの実験をデザインで応用できないか。

できれば、購買の促進ができるでしょう。

応用できる条件として、お客さんが必ずそれをじっと見てくれるものだということが大切です。

ただ、単純接触効果との関連も考えてみると実験のような動画(映画)でなくとも応用できるかもしれません。

ぜひ、コントロールするという意味でなく、悪い方向にでもなく、よい方向へのみご活用くださいね。

あなたの、デザインによる付加価値を高めるお役にたてていただければ幸いです。

〜最後に〜

なぜ、今回、少し恐ろしい力をもつ潜在意識やその実験のお話をさせていただいたかというと、

私の掲げる目標が、

・デザインで商品自体の価値を増やして売れ残りを減らす

・デザインで付加価値をつけて無駄になるなものを減らす

・いらなくなるようなものでもデザインで新たな命を吹き込み「もったいない」を減らす

というものだからです。

いきなり、個人的な目標をお伝えしてしまい失礼しました。

ただ、個人的な目標でもありますが、結構、あなたと繋がっているとも考えています。

たとえば、あなたが商品の販売促進のためにデザインをつくるとします。

そして、そのデザインによって商品が売れるということは、捨てられるものや無駄となるものが減ることにつながると思うからです。

ぜひ、売り上げやマーケティングにつなげられるような情報として、よい方向へ進めるヒントとしていただけると嬉しいです。

〜まとめ〜

人は、意思していないにもかかわらず、潜在意識によって「欲しい気持ち」がうまれることがある。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

#デザイン

#潜在意識意思

#プライミング

#ビジュアルマーチャンダイジング

#デザインで価値をつける

#科学

#デザインで付加価値をつける

#売上を上げる

この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。

抹本

抹本について
この記事をかいた人
designkagaku

プロフィール

□■□ 名前 : 抹本 港 □■□

同じものでもデザインを着せればお客さんの反応が変わる!
無駄になるようなデッドストックも表現の方法を変えて欲しいという人をつくる!
そんなプロジェクトのために勉強&実践している現役デザイナーです。

▼経歴などの詳しいプロフィール上の「designkagaku」を押してください。
プロフールのページへ移動します。(下記のページへ移動します)
https://design-kagakusiki.com/profile/hajimeni/

個人的には、お土産のパッケージや雑貨屋さんの封筒・カードデザインとか。つい目がいって長居してしまいます…

まだまだブログには不慣れですがよろしくお願いします!

designkagakuをフォローする
脳科学のテクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
                          \ この記事をシェアする /
designkagakuをフォローする
リアクションのために私が実践してるデザインのテクニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました