女性と男性どっちの顔がいい?

ポスターやパンフレット、webページなどではよく人の顔が使われています。

 

 

 

前回のブログで、人の顔・表情が見た人の印象を左右するということを書かせていただきました。

 

 

 

ただ、人の顔には性別がありますよね。

男性の表情と女性の表情がありますね。

ここで、疑問!

顔から受ける印象は、同じ人間でも男女でかわるものなのか?

 

 

じつは、相手に与える印象が変わるのです。

 

 

 

どういうことか、それは、よりよい印象を与えるためには、どちらの顔の方がいいのかということ。

 

 

 

人の顔や表情は、男性の表情に比べて女性の表情の方がよい印象を与えると言われています。

 

 

 

よい印象というより、安心感を与えると言った方がいいかもしれません。

 

理由は、人は、女性の写真を見るだけで不安な気持ちが減るからです。

 

 

 

特に男性はそうなのだそう。

 

 

 

 

つぎ電車に乗ったときは、電車の中に張り巡らされているポスターの写真をぜひ見てみてください。

 

 

 

きっと男性より女性の写真の方が多いはずです。

 

 

 

私の交通手段は歩きと電車が主なのですが、今日、帰宅する電車内のポスターはみたものだけでも、約9割は女性の写真が使われていました。

 

 

 

男性の写真があっても、女性とのツーショットになっているなど、やっぱり女性の写真は、とくに多く使われているなあと感じましたね。

 

 

 

女性の写真が使われているポスターは、とくに金融商品のものに多いはずです。

その中でも、ローンを組むといった内容のポスターやパンフレットには女性がとくに多いはず。

 

ローンは、

「ローン=お金貸し」

という、どちらかというと一般的にマイナスイメージが強いだけに、女性の表情が添えられていることが多いのです。

 

女性の写真を使うことで、そのイメージをより好意的に思ってもらえるようにしているんですね。

 

 

 

ちなみに、女性の写真で好意的なイメージをつけるということは全然悪いことではないと思います。

 

 

 

よりいいイメージを持ってもらえることで、きっとさまざまなよい機会も生まれますよね。

 

 

 

こんな感じで、なんとなく日々出会っているものも、さまざまな工夫がされています。

 

 

 

そのような工夫に気づかないだけで、実は毎日出会うものは、テクニックや工夫だらけなんです。

 

 

 

私も気付いていないことがたくさんありますし、やっぱりいつも通るルートは同じ景色ですし、それをみて同じことを思ったり考えたりしています。

 

よく言えば、習慣ですね。

悪く言えば、頭が怠けている。。。

 

 

 

気付いていないだけで、実は、歩く道・いく道が工夫の宝庫なんです。

 

 

 

そう考えると、毎日取りこぼしなく、全てをバケツに入れて、それがとろけて忘れてしまうことのないように保存しておきたいですね。

 

 

 

毎日その工夫たちを捕まえていきたいですね!

 

 

 

〜〜〜〜〜

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

 

 

 

 

 

 

 

この内容は、あくまで脳科学の視点によるものですので、すぐに効果の出る確実な方法などとは捉えないようお願いいたします。

 

 

 

抹本

 

抹本について
この記事をかいた人
designkagaku

プロフィール

□■□ 名前 : 抹本 港 □■□

同じものでもデザインを着せればお客さんの反応が変わる!
無駄になるようなデッドストックも表現の方法を変えて欲しいという人をつくる!
そんなプロジェクトのために勉強&実践している現役デザイナーです。

▼経歴などの詳しいプロフィール上の「designkagaku」を押してください。
プロフールのページへ移動します。(下記のページへ移動します)
https://design-kagakusiki.com/profile/hajimeni/

個人的には、お土産のパッケージや雑貨屋さんの封筒・カードデザインとか。つい目がいって長居してしまいます…

まだまだブログには不慣れですがよろしくお願いします!

designkagakuをフォローする
脳科学のテクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
                          \ この記事をシェアする /
designkagakuをフォローする
リアクションのために私が実践してるデザインのテクニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました