信頼はベビーフェイスにあり

サングラスの赤ちゃん 脳科学のテクニック

口コミにはベビーフェイスな写真を…

★今回は、意見や感想の掲示に効果的な写真のお話★

〜評価系にはベビーフェイスを使う〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190804010837j:image

商品を使った人の感想や実際の口コミをPOPやチラシ、ポスター、ミニカードなど、さまざまな制作物で使うと思います。

特にシャンプーや化粧水・サプリメントのような美容系商品、ダイエットや鍛える系統の商品アピールで多いですよね。

あなたは、そのときに使う写真をどのように選んでいますか?

私はもしあなたがそんな時に人の写真を使うなら、ぜひベビーフェイスの人の写真を使ってほしいなと思います。

商品の感想や意見などを伝える時は、ベビーフェイスな人の写真を使う方が効果的だからです。

人がベビーフェイスへ抱く考えは、正直さや無邪気な性格をもっているというもの。

つまり、たとえその人がそうでなくても、赤ちゃんのような顔立ちの人には正直しや無邪気さを感じ、同時にその人の性格がそのようなものだと考えてしまうのです。

したがって、何か商品の評価を紹介するときに人の写真を使うなら、できるだけベビーフェイス(童顔)な顔の持ち主が写ったものを使うと、それを見た人は

「ベビーフェイスの人は正直だから、その人が言っていることは恐らくウソではないはずだ」

という考えが浮かび、信用してもらいやすくなります。

童顔な人の写真は、説得力アップに役立てることができるのです。

〜ベビーフェイスはこんな顔〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190804010540j:image

ビーフェイス(童顔)は人に、正直で無邪気な性格をもっていると考えられる傾向にあるとわかりました。

(反対にいえば、人はベビーフェイスな人は、正直で無邪気な性格だと考えてしまうということ)

ここまでで、ベビーフェイスの顔による効果はわかりましたが、どのような顔がベビーフェイスなのでしょう。

これがわからなければ、ベビーフェイスを使うもなにも、それをうまく使うことができませんね。

ビーフェイスの特徴は、簡単に言えばあなたもご存知の通り、赤ちゃんのような顔

具体的にいえば、

・丸い顔

・パッチリとした大きな目

・小さくて丸めな鼻

・小さめの顎と広い額

このような特徴が当てはまるでしょう。

また、髪型でいえば前髪が眉より短いとベビーフェイスに近づきます。

このような特徴が複数揃っているほど、赤ちゃんのようなベビーフェイスに近づくでしょう。

ビーフェイスを見極めたいときの判断材料として使っていただけると嬉しいです。

〜どんなときにベビーフェイスは使えるか〜

f:id:design_no_kagakusiki:20190803221835j:image

最後に、デザインをする上で効果的にベビーフェイスを活用できるのはどのような場合かをご紹介したいと思います。

まずは、はじめの方でもお話させていただいたように正直さを表したいときに効果的です。

例えば、口コミや批評を掲載する場合に。

ビーフェイス

=子供のような顔立ち

=子供のような性格や行動

とイメージされて、そのような性格なのだと判断されやすいことが理由です。

つまり、このチラシは、正直なことを伝えているなと思ってもらいやすいということですね。

次に、キャラクターを作る場合におすすめです。

企業でも、ブランドでも、ご当地でも。

ビーフェイスであるキャラクターは、純粋さや可愛さそのものも表すことができるので、丸い顔や小さな鼻・丸々とした大きな目は、かわいいと思ってもらいたい時にも効果的です。

そして、単純に可愛いらしさ、優しさ、守るような意味合いを表したい場合にもおすすめしたいです。

例えば、ECOについて考えさせるような内容のときなど。

それを大切に扱いましょうという内容の場合、ベビーフェイスな人の写真やキャラクターを使うことは、見た人に大切にしようという気持ちを芽生えさせることに役立つでしょう。

サラッとした内容にはなりましたが、いかがでしたか?

ビーフェイスは、単なる人物写真とは異なる強い印象や考えを与えます。

ビーフェイスを使う場面をわけつつ、ベビーフェイスな顔立ちを使いたいときに今回のお話を少しでも役立てていただければ幸いです。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

#ベビーフェイス

#赤ちゃんの顔

#赤ちゃんの写真

#童顔

#年齢より若い

#若く見える

#子供のように無邪気な

#正直さ

#純粋な性格

#デザインで付加価値をつける

#売上を上げる

この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。

抹本

抹本について
この記事をかいた人
designkagaku

プロフィール

□■□ 名前 : 抹本 港 □■□

同じものでもデザインを着せればお客さんの反応が変わる!
無駄になるようなデッドストックも表現の方法を変えて欲しいという人をつくる!
そんなプロジェクトのために勉強&実践している現役デザイナーです。

▼経歴などの詳しいプロフィール上の「designkagaku」を押してください。
プロフールのページへ移動します。(下記のページへ移動します)
https://design-kagakusiki.com/profile/hajimeni/

個人的には、お土産のパッケージや雑貨屋さんの封筒・カードデザインとか。つい目がいって長居してしまいます…

まだまだブログには不慣れですがよろしくお願いします!

designkagakuをフォローする
脳科学のテクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
                          \ この記事をシェアする /
designkagakuをフォローする
リアクションのために私が実践してるデザインのテクニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました