スポンサーリンク

リアルなグラフィックイラストを作る方法@Photoshop

ブルドックイラスト illustration/Photoshopの操作

写真からイラストちっくにグラフィックが作成できます。
イラストとして使うための輪郭を作るためにも活用しやすいです。

写真をイラストチックにグラフィック作成する方法

①好きな写真の中で、使いたい部分を選択してマスクをかけます。

②①を2階調化して、輪郭が黒くなるように調整します。
調整できたら
メニューバーの選択範囲→色域指定し、黒い部分のみ選択します。
※色域指定では、画像の黒い部分を選択し、選択範囲に入る部分を調整しましょう。

③②を繰り返して選択範囲を変更し、何段階か選択範囲の違うものを別々のレイヤーで作ります。

④③の選択範囲をレイヤーごとに色を変えて塗ると、グラフィックチックなイラストになります。
色は、同じ色を使って明度を変えていくのがおすすめです。


イラストの輪郭として使う場合は、②の2階調化でできるだけ使いたい部分が黒く塗りつぶされるように調整します。
その後、色域指定を使って選択して塗りつぶしましょう。
そうすれば、輪郭だけを抽出することができます。


それを画像として保存し、illustratorでトレースすれば変種できるパスにもなります。

リアルなグラフィックイラストを作る方法@Photoshop
説明文だけでは、わかりにくいと思いますので、よかったら作成動画もご覧ください。

抹本について
この記事をかいた人
designkagaku

プロフィール

□■□ 名前 : 抹本 港 □■□

同じものでもデザインを着せればお客さんの反応が変わる!
無駄になるようなデッドストックも表現の方法を変えて欲しいという人をつくる!
そんなプロジェクトのために勉強&実践している現役デザイナーです。

▼経歴などの詳しいプロフィール上の「designkagaku」を押してください。
プロフールのページへ移動します。(下記のページへ移動します)
https://design-kagakusiki.com/profile/hajimeni/

個人的には、お土産のパッケージや雑貨屋さんの封筒・カードデザインとか。つい目がいって長居してしまいます…

まだまだブログには不慣れですがよろしくお願いします!

designkagakuをフォローする
illustration/Photoshopの操作 すぐ使えるテクニック
スポンサーリンク
                          \ この記事をシェアする /
designkagakuをフォローする
リアクションのために私が実践してるデザインのテクニック

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました