妄想が必要な理由

mousou エクササイズ

★今回はイレギュラーな内容★

まずは読んでみてください▼

f:id:design_no_kagakusiki:20190829223827j:image

宇宙に染まったみたいに、星が街に増えて、

足元にばかり逃げてきた冬が固まっている。

ブーツを履いて、寒さから逃げ惑うなか、

私は誰かにとって、

だきしめるととてもあたたかい存在なのだと、思い出していた。

部屋をあたためて、マフラーを巻いて、コートを着て、

冬の中にある、ちいさな森のようにあるくとき、

私はいくつもの木の実や、

冬眠するいきものたちを守っているような心地がして、

だから、まだ、夢を見たっていいような、

愛するということにすべてをかけてもいいような、気がしている。

サンタクロースを信じますか。

雪の結晶を信じますか。

虹の7色を信じますか。

これは、詩人の最果タヒさんによる「グッドナイト」という詩の一部を引用させてもらったものです。

一度サラッと目を通すだけでは、あまり内容をよくつかめないと思うので、ぜひ2〜3回お読みいただけると嬉しいなと思います。

この詩を読んでみて、あなたはどんな風景が頭の中で広がりましたか?

私は、とくに

「ちいさな森のようにあるくとき」はたくさん着込んで着ぶくれして外へ出る女性の様子を思い描きました。

同じ状況を表すにしても、言葉では受け取り方次第でさまざまな解釈が考えられます。

それがまた楽しいところでもありますね。

反対に、デザインはビジュアルが強まるのでイメージがそのまま伝わりやすいです。

そして、デザインは目でみられるものであるからこそ、覚えられやすい傾向もあります。

言いかえると、もし間違えた解釈を与えてしまえばそれが記憶に残りやすいということも言えますよね。

言葉による表現でもビジュアル表現でも意図する表現を作り出す責任は大きいものです。

ましてや記憶に残りやすいビジュアル表現では、間違えた印象を与えてしまうとその間違えたイメージがお客さんの中で残りやすくなります。

デザインを作る責任も忘れずに、お客さんへ与える印象を中心にしっかりデザインをくんでいきましょう!

責任は大きいです!

そのことを忘れずにこれからも一緒にステキなデザインを作っていきましょうね。

最後に、今回詩をご紹介しましたが、詩は想像力を掻き立ててくれるものだということもお伝えしたかったからです。

想像力を強めて、ストーリーをつける練習にお役立ていただくために日曜日はイラストを紹介させていただいています。

イラストはビジュアル表現であるためデザインと近しいこともあり使わせていただいているのですが、

詩のような文字情報だけでも想像力を養う栄養になります。

特に文字情報は、あなたのその時の気分によってもイメージする内容が変化するでしょう。

ですので、文字情報からもぜひ妄想してみてください。

私は想像の世界に入ることが好きです。

想像の世界なら、なんでもアリだからです。

ちょっとまとまりがない内容が否めないですが、あなたも、思いきりなんでもアリな世界の妄想に浸ってくださいね。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

デザインを科学しつくりあげ、ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を。

#デザイン

#妄想

#想像力を養う

#詩の一節

#ビジュアル表現

#文字表現と文字情報

#想像の世界

#デザインで付加価値をつける

#売上を上げる

この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。

抹本

抹本について
この記事をかいた人
designkagaku

プロフィール

□■□ 名前 : 抹本 港 □■□

同じものでもデザインを着せればお客さんの反応が変わる!
無駄になるようなデッドストックも表現の方法を変えて欲しいという人をつくる!
そんなプロジェクトのために勉強&実践している現役デザイナーです。

▼経歴などの詳しいプロフィール上の「designkagaku」を押してください。
プロフールのページへ移動します。(下記のページへ移動します)
https://design-kagakusiki.com/profile/hajimeni/

個人的には、お土産のパッケージや雑貨屋さんの封筒・カードデザインとか。つい目がいって長居してしまいます…

まだまだブログには不慣れですがよろしくお願いします!

designkagakuをフォローする
エクササイズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
                          \ この記事をシェアする /
designkagakuをフォローする
リアクションのために私が実践してるデザインのテクニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました