スポンサーリンク

デッドストックを変えてゆけ!

CHANGE お知らせ

この記事は、約4分で読めます。

★今回は、記事内容のお話★
これからの記事内容で加えていきたい内容があります。
急にいつもと違う内容がでてくると
「?」となってしまうと思いますので、追加していきたい内容を一度伝えさせてもらうことにしました。


さて、今回は、これから投稿していく内容についてお話させていただきます。

まずは、改めて…
いつも読んでくださってありがとうございます!
デザインのテクニック的なお話ではないですが、これから変えていく部分のお話をさせていただくので、少しだけお付き合いいただけると嬉しいです。

内容にコレを加えます


ここまで、デザインを組み立てるときに使えそうなテクニックやエクササイズのための情報だけをブログを書かせていただいておりました。
でも、これからはそれに加えて書いていこうと思うものがあります。

CHANGE

…何かというと、デッドストックになっているものについて、どうしたら売れるようになるかという内容です。

私がお伝えするデッドストックとは、
例えば、お店で売れ残ったもの。
例えば、何かを作って余った革。 例えば、お店で売れ残ったもの。
など…

デッドストックについては限定しないでおこうと思っていますが、例えるとこのようなかんじです。

デッドストックのこともお話させてもらおうと決めたのには理由があります。
それは、本格的にこれまで蓄積してきた知識をもっとデザイン活動へ反映させていくためです。
目標に向けて本格的に動いていくためです。

ブログをリニューアルしたタイミングで
「いざ、本格始動」といったかんじでもあります。

なぜ、デッドストック?

デッドストック

目標に向けてとのことで、それについてはプロフィールでお話させていただいておりますが、簡単にここでもお話させてもらいますね。

目標は、
表現を変えて デッドストックにも「ほしい!」と思ってもらえるお客さんをつくること
です。

デッドストックにも「ほしい!」と思ってもらえるお客さんをつくること
です。

私は、同じものであっても、その商品の見せ方や表現を整えたり、変えたりするだけで売れるようになると考えています。


実際にお菓子のパッケージなどもそのひとつだと考えていますし、パケ買いという言葉もありますよね。

そして、それは商品の陳列、ポスターなどでも同じことが言えます。

私の話ばかりでちょっと申し訳ないなと思うのですが、私がデザイナーになろうと思ったのは、デッドストックと関連のある、あることがきっかけでした。

詳しくお伝えしようとすると結構な長さになってしまうので、短くお伝えしますね。

布で服や雑貨を趣味で作っている友達がいて、ハギレについて聞いたときのことでした。

そのときこんな会話をしました。
↓↓
私「ハギレもらってもいい?」

友達「いいよ!好きなの持っていき〜」

私は、がさがさっと好みの生地を探しました。
その中で結構大きな生地を発見して、これももらっていいものか聞きました。

私「コレ、結構まだ大きいけどもらっていいの?まだ使ったりするんやないん?」

友達「いいんよ。余った布でポーチ作ろうと思ったんやけど、少しサイズがね、足りんのよね。」

と、こんな会話がありました。

と、こんな会話がありました。
先ほどの出来事というのは、このハギレ布をもらったことです。

このとき、ハギレがものすごくもったいない気がしたんです。
あと少し余分に残っていたらもっと使われただろうに…
友達だって、いくらか代金をしはらって購入した布なのに、支払った代金の数割しか得られていないんじゃないやろうかな。

布だってせっかく布として作られて生まれてきたのに…

と感じました。
なにも、友達を否定しているつもりでもなく、ハギレ布ができたり、余ったりしたら悪いという意味ではありません。

ただ、なんとなく残った布のことを考えてうっすらと頭の中でそう思ったのでした。

それから、なににも使われずにゴミ(=デッドストック)になるのはもったいない。
もしかすると、表現を変えればきっと変わるかもしれない。

表し方で価値が変わるはずだ!と考えました。
これがデザイナーの道に進みはじめた大きなきっかけです。

これまで、デザイナーとしてデザインを組み立てたり、デザインについて学んだり、感じたり。年数にするとあまり長くはないかもしれませんが、それでも表すことに対して動いてきました。

そして、ここから改めて、表現を変えることによって同じものでもお客さんの反応を変えられるようにするということを実際に行っていきたいんです!

それから、デッドストックがゴミの出ない形となって、世の中を循環していった先がどのようなものになるかを知りたいです。

今はまだ全くそのような状態が想像できません。
だから、なんとも言えませんが、だからこそ、そのような状況になったらどうなるのかも知りたいなと思っています。

今までとこれからの違い

いままでとこれから

これまでは、上記でお話したことの第一歩として、ブログを通してデザインを組み立てる方法を共有させてもらってました。

あなたに、商品を売れやすくするために知っておくと役立つことをお伝えして、少しでも売れ残りが減るようになることができたら、そもそも、もったいなくなるものが減るんじゃないかなと考えて、記事を投稿させてもらっていました。

また、それと同時に売り上げのアップができれば、少しだけかもしれませんが、あなたへブログを読んでいただいたお返しができるかもしれないなと思っています。

それに加え、これからは、第ニ歩目を踏んでいきます!


ものの見せ方や表現を変え、
デッドストックに別の意味を与えることで欲しいをつくるプロジェクトを始動します!

ただ、私の考えるデッドストックは、現段階ですと、私ひとりの頭の中で考えた内容なので正直、範囲が狭いです 。

もっとデッドストックへの認識を広げていく必要があります 。
だから、これまでのようにデザインに関するテクニックや情報をお伝えしながら、みつけたデッドストックやその表現の変え方について記事にしていくことにしようと決めました。

そのようにすることで、まずはデッドストックの種類を蓄積していこうと思っています。

そして、もしいただけるなら、あなたの感想や知っていらっしゃること、投稿したデッドストックへのご意見などを聞かせていただくことで、私の中で考える認識とあなたの認識を合わせて、

ひとりよがりではない、「欲しい」を作っていきたいと思っています。

よろしければ、ぜひあなたが気づいたデッドストックも教えてくださいね!


簡単にご説明をと思ったのですが、やはり熱が入ってしまって、ちょっと長くなりましたね。

ここまで読んでくださってありがとうございます!!

これからの記事にデッドストックについても加えていきますので、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

これからも引きつづき、よろしくお願いします^^

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎
デザインを科学してつくる→
ムダになりそうなものへ新しい価値と売上を


#デッドストック #ロス資源 #持続可能な #サステナビリティ #無駄なものに別の価値を #新たな価値をつける #デザインでかえる #笑った写真 #笑顔 #もったいない #見た目で印象をつくりだす #デザインで付加価値をつくる #売上をあげる


この内容は、あくまで個人の経験や学習によるものですので、すぐに売り上げが上がる確実な方法などとは捉えず、こんな考え方や方法もあるという目で読んでいただけると幸いです。



抹本

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました