やる気を目覚めさせる方法

私は、最近とくによく疲れます。

そして、悩まされます。

 

疲れたときや、体が重いときなど

 

やりたいことやしなければならないことはあるけれど、やる気がでない。

 

 

面倒だという気持ちと疲れた〜という気持ちが混じっていて

 

 

どうしても、ダラ〜っと過ごしたくて仕方ないときがあります。

 

とくに最近は、季節の変わり目のせいか、そんなことが増えてきました。

 

 

そんなときの対策として、数年前にある先輩から

 

 

気持ちと行動を切り離せば楽になると言われたことを思い出しました。

 

 

 

気持ちは波打って変動しても、行動を一定にと。

 

ホルモンバランスに敏感な女性ならとくに、行動するために効く方法だと。

 

 

 

しばらく、私はその方法を試しながらやる気がでないときを切り抜けていました。

 

 

しかし、気持ちと行動を別にすることは結局気持ちに負担をかけてしまうことがわかり、あまり長く続けることができませんでした。

 

 

 

そんななかで、気持ちを”やる”へもっていくためにひとつみつけた方法があります。

 

 

 

みつけたというよりも、この方法も人から教えていただいたものです。

 

 

 

この方法によって、きっとやる気0から20くらいにはなるんじゃないかと思います。

 

 

 

そして、そのやる気20で、やるべきことに手をつけると自然と進めることができてしまいます。

 

 

 

それは、すべきことを終えたときや達成したときの自分の気持ちを想像するという方法です。

 

 

 

例えば、すべきことがある報告書を読むということであるなら

 

 

 

報告書を読み終わって、スッキリとした自分の気持ちを想像するのです。

 

 

仕事以外でも、例えば、例えば毎日ランニングすると決めていて、それを習慣にするために続けて4日目。

 

 

なんとなく、おっくうだ。

 

ランニングのために着替えるのは面倒だし、そもそも走って疲れることはめに見えています。

 

そんなときは、ランニングを終えたあとの達成感や充実感を想像してください。

 

 

 面倒だという気持ちより、すべきことをやり終えたときに得られる気持ちを広く大きくもでるようにすることがポイント。

 

f:id:design_no_kagakusiki:20190506004436j:image

どんな気持ちになれるでしょうか?

 

 

 

 

効果は人にもよるかと思いますが、私はこれで私は今のところ

 

 

 

あまり乗り気のでないときも、無理をしない程度に行動ができています。

 

 

 

ちょっとしたことですが、ぜひお試しください。

 

 

 

そして、もし、他によいアイデアがあればぜひ教えていただけると嬉しいです!

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜

デザインを科学して、ムダになりそうなものへ新しい価値や売上を。

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容は、あくまで脳科学の視点によるものですので、すぐに効果の出る確実な方法などとは捉えないようお願いいたします。

 

 

 

 

 

抹本

抹本について
この記事をかいた人
designkagaku

プロフィール

□■□ 名前 : 抹本 港 □■□

同じものでもデザインを着せればお客さんの反応が変わる!
無駄になるようなデッドストックも表現の方法を変えて欲しいという人をつくる!
そんなプロジェクトのために勉強&実践している現役デザイナーです。

▼経歴などの詳しいプロフィール上の「designkagaku」を押してください。
プロフールのページへ移動します。(下記のページへ移動します)
https://design-kagakusiki.com/profile/hajimeni/

個人的には、お土産のパッケージや雑貨屋さんの封筒・カードデザインとか。つい目がいって長居してしまいます…

まだまだブログには不慣れですがよろしくお願いします!

designkagakuをフォローする
その他の考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
                          \ この記事をシェアする /
designkagakuをフォローする
リアクションのために私が実践してるデザインのテクニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました