デッドストック、使い方を変えると財産に

はぎれ その他の考え方

この記事は約3分で読めます

★今回は、靴修理や靴磨きをするあるお店のデッドストック活用のお話★

靴屋のハギレ活用術

はぎれ

私は、靴底を変えてもらうためにたまに利用するお店があります。

好きな靴、やっと出会えた丁度良いサイズの靴…
修理費用を考えると新たに買えばいいかなというものも、中にはもちろんありますが、特に大切にしている靴は、底が薄くなって破れたり、ヒール底の金属が出てきたりすると悲しいですよね。

靴底が薄くなると雨水が足に湿って気持ち悪い思いをするようになりますし、ヒール底の金属が出てくると、カツカツという素敵な音もカッカッキッキッという音になってしまいます。

場合によっては周りの目を気にして結構恥ずかしく感じることもあるでしょう。

さて、そんな靴の救世主、靴の修理屋さん。先日行った時に番号札を渡されました。

番号札表
番号札-表-
番号札裏
番号札-裏-

革の切れ端を使った順番札。

普通なら捨てられるはずの革の切れ端を使って作られたものなのでしょう。
革のハギレがお店の資産へ生まれ変わっています。

個人的な感想ではありますが、皮も柔らかくにぎり心地がよかったです。革は使うほど色味や感触がよくなると言われている素材なので、

番号札もこの先お客さんに渡すたび、もっとよい風合いになっていくかもしれませんね。

革を扱うお店ならでは。革のハギレによる資産です。

そして、お店の個性が垣間見れるアイテムですよね。
これは、
・お店が革を扱っているということ
・ブランド力

にも通じてくることでしょう。

デッドストックがつくるブランディング

ひらめき

マーケティングで、お店のブランドをお客さんに感じてもらうことはとても大事です。

お店のブランドとは、かんたんに言うとお店の名前を聞いてお客さんが何かイメージできるもの。

例えば「ダイソン」といえば「すごい掃除機」と思い浮かぶように。


あなたの商品やお店・ロゴをお客さんが見て思い浮かぶものが、あなたがお客さんにイメージしてほしいものになるようにすることが必要です。

お客さんが思い浮かぶもの
=あなたがお客さんにイメージしてほしいもの


そのひとつとして…
ちょっとした工夫をするだけでもお客さんへお店を印象づけることができるものです。

これは、お店のショップカードやカードタグなどちょっとしたものでも活用できるので是非参考にしてみてくださいね!


例えば、ドライフラワーを売っているお店なら、
ドライフラワーを作る過程で落ちてしまった花びらをその花を並べた前に置くプライスカードに貼ってみたり。

花びらでなくても植物でもオシャレなあしらいができるしょう。
▼ 例えばこんなかんじ
植物の活用法


例えば、あなたが自分で布のハンドメイド商品を作って販売しているなら、
お客さんが購入した商品と同じ柄のハギレ布とサンキューカードの左端に穴を開けて一緒にまとめて渡してみるということもできますね。(ハギレ布はカードに合う形にカット)


例えば、切れ端にあなたのブランドの彫刻や名入れを施して、タグとして使ったり…

▼例えばこんなかんじ
ハギレ活用の参考


ちょっとした、切れ端の活用で個性を発揮したり、ブランド力・コンセプトを強めたりできます。彫刻や名入れのサービスもさまざまです。
▼例えばこんなサービス
あの人を想う オリジナルギフト【omoiire-オモイイイレ】

デザインが自分で作れなくても、用意されてるものからも選べるので、気軽に試しやすいサービスですね。

花びらやハギレ、無駄になってしまうなと感じるものも、その活用方法によってお店の資産になる可能性も高いのです。

まとめ

無駄なりそうなもの(=デッドストック)は活用次第でお店のアピールやブランド力アップにつながる。

抹本について
この記事をかいた人
designkagaku

プロフィール

□■□ 名前 : 抹本 港 □■□

同じものでもデザインを着せればお客さんの反応が変わる!
無駄になるようなデッドストックも表現の方法を変えて欲しいという人をつくる!
そんなプロジェクトのために勉強&実践している現役デザイナーです。

▼経歴などの詳しいプロフィール上の「designkagaku」を押してください。
プロフールのページへ移動します。(下記のページへ移動します)
https://design-kagakusiki.com/profile/hajimeni/

個人的には、お土産のパッケージや雑貨屋さんの封筒・カードデザインとか。つい目がいって長居してしまいます…

まだまだブログには不慣れですがよろしくお願いします!

designkagakuをフォローする
その他の考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
                          \ この記事をシェアする /
designkagakuをフォローする
リアクションのために私が実践してるデザインのテクニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました